本文へスキップ

.

グリーンリーフ・ツーリスト・クラブ

弊社はウガンダを拠点に東アフリカでの旅行サービスを提供します。

バード・ウォッチング・ツアー タンザニア北西部と東部 10日間


タンザニアの三つの国立公園と一つの保全地域を10日間で訪れます。ンゴロンゴロ保全地域、タランギレ、ムコマジ国立公園の広大なサバンナ、マニャラ湖国立公園では、大地溝帯の崖沿いにあるアルカリ性の湖にて、バード・ウォッチングを楽しみます。

弊社のバード・ウォッチング・ツアーは、鳥類学者のハムレット・ムガベ氏の監修のもと日程案を作成しており、また同氏がバード・ガイドとして全日程に同行することを前提としたものです。ハムレット・ムガベ氏について、詳しくはこちらをご覧ください。

ツアー概要  

  • 期間 9泊10日
  • ツアー開始場所 キリマンジャロ空港
  • 目的地 ンゴロンゴロ保全地域 タランギレ国立公園 マニャラ湖国立公園 ムコマジ国立公園
  • 活動内容 バード・ウォッチング
  • オプション 国内線 ハイキング ナイト・ゲーム・ドライブ ナイト・ネイチャー・ウォーク

日程

  • 1日目
    午後 キリマンジャロ空港に到着、モシへ移動
    宿泊地 モシ
  • 2日目
    午前 サメへ移動
    午後 ムコマジ国立公園にてバード・ウォッチング
    本日注目の鳥 
    ヨゴレインコ、ムナグロキンランチョウ、シロガシラネズミドリ、バラフヤブモズ
    宿泊地 サメ
  • 3日目
    終日 ムコマジ国立公園にてバード・ウォッチング
    本日注目の鳥 
    ニシブッポウソウ、キンムネオナガテリムク、チャガシラニシブッポウソウ、セグロコサイチョウ
    宿泊地 サメ
  • 4日目
    終日 アルーシャへ移動
    本日注目の鳥 
    カイツブリ、アフリカキヌバネドリ、ハヤブサズアカハネナガインコ、ウロコシャコ
    宿泊地 アルーシャ
  • 5日目
    午前 タランギレ国立公園へ移動
    午後 タランギレ国立公園にてバード・ウォッチング
    本日注目の鳥 
    コシジロイソヒヨドリ、キムネイロムシクイ、ノドジロムシクイ、ムナオビカラムシクイ
    宿泊地 タランギレ国立公園
  • 6日目
    終日 タランギレ国立公園にてバード・ウォッチング
    夕方 マニャラ湖国立公園へ移動
    本日注目の鳥 
    キバシバンケンモドキ、ナキサイチョウ、ニシキスズメ、ムラサキトキワスズメ
    宿泊地 マニャラ湖国立公園
  • 7日目
    終日 マニャラ湖国立公園にてバード・ウォッチング
    本日注目の鳥 
    キバシバンケンモドキ、ナキサイチョウ、ニシキスズメ、ムラサキトキワスズメ
    宿泊地 マニャラ湖国立公園
  • 8日目
    午前 ンゴロンゴロ保全地域へ移動
    午後 ンゴロンゴロ保全地域にてバード・ウォッチング
    本日注目の鳥 
    ダチョウ、メスアカシャコ、アカリュウキュウガモ、オオフラミンゴ、クロエリキジバト
    宿泊地 ンゴロンゴロ保全地域
  • 9日目
    終日 ンゴロンゴロ保全地域にてバード・ウォッチング
    本日注目の鳥 
    アカハシコサイチョウ、アカキバシサイチョウ、キマユコゴシキドリ、シロガシラゴシキドリ、シマアフリカアオゲラ
    宿泊地 ンゴロンゴロ保全地域
  • 10日目
    午前 キリマンジャロ空港へ移動
    宿泊地 なし

目的地ガイド

  • ンゴロンゴロ保全地域
    セレンゲティの南東に位置し、カルデラの中のサバンナに多くの野生動物が生息することで有名です。ライオン、ヒョウ、ゾウ、サイ、バッファローのビッグ・ファイブやサイ、チーター、シマウマが生息します。
    面積:8,300km² 地形:サバンナ、湿地、森、山
    活動:ゲーム・ドライブ、ナイト・ゲーム・ドライブ
  • タランギレ国立公園
    アルーシャから140キロ南西、マニャラ湖国立公園の南東に位置します。サバンナを背景にバオバブと野生動物の風景で知られます。乾季には移動の習性のある動物が集まります。
    面積:2,600km² 地形:サバンナ、湿地、川
    活動:ゲーム・ドライブ、ナイト・ゲーム・ドライブ

  • マニャラ湖国立公園
    大地溝帯の崖沿いにあるアルカリ性の湖で、ンゴロンゴロとタランギレ国立公園の間に位置します。木登りライオンやバード・ウォッチング・サイトとして知られます。
    面積:648.7km² 地形:サバンナ、湿地、森、湖
    活動:ゲーム・ドライブ、ナイト・ゲーム・ドライブ、ウォーキング・サファリ、カヌーイング

  • ムコマジ国立公園
    キリマンジャロ山を含む、多くの山に囲まれるサバンナの国立公園で、ケニアの西ツァボ国立公園に隣接し、400種類の鳥類が記録されています。クロサイやワイルドドッグが生息することで知られます。
    面積:3,234km² 地形:サバンナ、川、山
    活動:ゲーム・ドライブ、ナイト・ゲーム・ドライブ


バード・ガイドの挨拶

バード・ガイドのハムレット・ムガベです。バード・ガイド、現場を主に鳥類学者、野生動物の生態学者として、15年以上の経験があります。アフリカ野生動物保護管理大学を卒業し、環境科学の学士号、野生動物管理学の高度専門士号を有します。

東アフリカは、アフリカでも最も魅力的なバード・ウォッチングのフィールドの一つです。熱帯雨林、山、サバンナ、川、湖、湿原など多様な鳥の生息地があります。他のアフリカでは見られないものを含め、鳥の種類は幅広く、例えばウガンダでは1,040種類の鳥が生息します。東アフリカの国々では、国立公園や森林保護区が殆どの鳥の最大の生息地です。 あなたに最適なバード・ウォッチング・ツアーの日程を作成、またツアーにも同行します。

* ハムレット・ムガベ氏関連の文献はこちらをご覧ください。 ‪Hamlet Mugabe‬ - ‪Google Scholar‬


お問い合わせフォーム

こちらのフォームから、お問い合わせ、見積もり依頼をお送りください。
*弊社の自社ブログ(ワードプレス)の問い合わせフォームのサイトにジャンプします。


ソーシャル・メディア

 YouTube
 Facebook
 弊社公式ブログ