本文へスキップ

.

グリーンリーフ・ツーリスト・クラブ

弊社はウガンダを拠点に東アフリカでの旅行サービスを提供します。

バード・ウォッチング・ツアー ケニア東部と南部 10日間


ケニアの二つの国立公園、一つの国立保護区と大地溝帯沿いの湖を10日間で訪れます。マサイマラ国立保護区、アンボセリ、東ツァボ国立公園のサバンナ、ナイバシャ湖沿いにて、バード・ウォッチングを楽しみます。

弊社のバード・ウォッチング・ツアーは、鳥類学者のハムレット・ムガベ氏の監修のもと日程案を作成しており、また同氏がバード・ガイドとして全日程に同行することを前提としたものです。ハムレット・ムガベ氏について、詳しくはこちらをご覧ください。

ツアー概要  

  • 期間 9泊10日
  • ツアー開始場所 ナイロビ空港
  • 目的地 マサイマラ国立保護区 アンボセリ国立公園 ナイバシャ湖 西ツァボ国立公園
  • 活動内容 バード・ウォッチング
  • オプション ハイキング ナイト・ゲーム・ドライブ ナイト・ネイチャー・ウォーク

日程

  • 1日目
    午後 ナイロビ空港に到着、ホテルへ移動
    宿泊地 ナイロビ
  • 2日目
    終日 東ツァボ国立公園へ移動
    夕方 東ツァボ国立公園にてバード・ウォッチング
    本日注目の鳥 
    ツキノワテリムク 、シロガシラウシハタオリ、ホオアカオナガゴシキドリ、スズメヒバリ、ホオジロスズメヒバリ
    宿泊地 東ツァボ国立公園
  • 3日目
    終日 東ツァボ国立公園にてバード・ウォッチング
    本日注目の鳥 
    ゴマフオナガゴシキドリ、アフリカコゲラ、ハジロハクセキレイ、フタスジヤブコマドリ、クロボシアサナキヒタキ
    宿泊地 東ツァボ国立公園
  • 4日目
    終日 アンボセリ国立公園へ移動
    夕方 アンボセリ国立公園にてバード・ウォッチング
    本日注目の鳥 
    カタシロワシ、ノドジロハチクイ、ヒメハチクイ、アフリカヤツガシラ、ニシブッポウソウ
    宿泊地 アンボセリ国立公園
  • 5日目
    終日 アンボセリ国立公園にてバード・ウォッチング
    本日注目の鳥 
    キタベニハチクイ、アフリカブッポウソウ、ライラックニシブッポウソウ、チャガシラニシブッポウソウ、ミドリモリヤツガシラ
    宿泊地 アンボセリ国立公園
  • 6日目
    終日 ナイバシャ湖へ移動
    本日注目の鳥 
    ツキノワテリムク、ヨーロッパハチクイ、キタベニハチクイ、チャガシラニシブッポウソウ、アカハシコサイチョウ
    宿泊地 ナイバシャ湖
  • 7日目
    終日 ナイバシャ湖にてバード・ウォッチング
    本日注目の鳥 
    シロビタイゲリ、オウカンゲリ、エレオノラハヤブサ、メジロチョウゲンボウ、ハゲノドシャコ、ヒドリガモ、アフリカクロトキ 、アフリカオオノガン
    宿泊地 ナイバシャ湖
  • 8日目
    終日 マサイ・マラ国立保護区へ移動
    夕方 マサイ・マラ国立保護区にてバード・ウォッチング
    本日注目の鳥 
    ルリゴシボタンインコ、ムラサキエボシドリ、ズグロエボシドリ、シャローエボシドリ、アフリカコノハズク
    宿泊地 マサイ・マラ国立保護区
  • 9日目
    終日 マサイ・マラ国立保護区にてバード・ウォッチング
    本日注目の鳥 
    クロワシミミズク、アフリカワシミミズク、タテフコショウビン、オオヤマセミ、ノドジロハチクイ
    宿泊地 マサイ・マラ国立保護区
  • 10日目
    午前 国内線でナイロビ空港へ移動
    宿泊地 なし

目的地ガイド

  • マサイマラ国立保護区
    ケニアで最も人気のある保護区で、大地溝帯の崖沿いにある広大なサバンナです。マラ・セレンゲティ・エコ・システムの北側にあたり、百万を越すヌーの大移動で有名です。キリン、シマウマ、レイヨウ類、チーターや、ライオン、ヒョウ、ゾウ、サイ、バッファローのビッグ・ファイブの住家です。
    面積:1,510km² 地形:サバンナ、湿地、川、山
    活動:ゲーム・ドライブ、ナイト・ゲーム・ドライブ、バルーン・サファリ、マサイ村訪問
  • アンボセリ国立公園
    キリマンジャロ山の北に位置し、キリマンジャロ山を背景にサバンナの中の野生動物の風景や、湿地の中でゾウの群れが草を食べることで知られます。ヌー、シマウマ、ガゼル、ハイエナ、チーターが生息します。
    面積:390.26km² 地形:サバンナ、湖、湿地
    活動:ゲーム・ドライブ、ナイト・ゲーム・ドライブ、バルーン・サファリ
  • ナイバシャ湖
    大地溝帯にある淡水湖、ナイロビから北に100キロに位置し、400種類の鳥類が記録されています。クレセント島にはキリン、シマウマ、ヌーが生息し、ウォーキング・サファリや乗馬サファリを楽しむことができます。
    面積:139km² 地形:サバンナ、湖
    活動:ゲーム・ドライブ、ナイト・ゲーム・ドライブ、ボート・トリップ、ウォーキング・サファリ、バード・ウォッチング

  • 西ツァボ国立公園
    ケニア最大の国立公園であるツァボ国立公園。その西側に位置する西ツァボは、変化に富んだ地形と、水中展望台が作られた、「カバの楽園」ムジマスプリングが大変有名です。数百年前の溶岩が固まってできた「シェタニラバ」の大地を見学する公園です。ゾウ、ライオン、レオパード、チーターなどの肉食獣や、バッファロー、シマウマ、マサイキリン、エランド、カバなどの人気の高い大型草食動物が生息します。
    面積:13,747km² 地形:湖、森林
    活動:ゲーム・ドライブ、ナイト・ゲーム・ドライブ、バルーン・サファリ


バード・ガイドの挨拶

バード・ガイドのハムレット・ムガベです。バード・ガイド、現場を主に鳥類学者、野生動物の生態学者として、15年以上の経験があります。アフリカ野生動物保護管理大学を卒業し、環境科学の学士号、野生動物管理学の高度専門士号を有します。

東アフリカは、アフリカでも最も魅力的なバード・ウォッチングのフィールドの一つです。熱帯雨林、山、サバンナ、川、湖、湿原など多様な鳥の生息地があります。他のアフリカでは見られないものを含め、鳥の種類は幅広く、例えばウガンダでは1,040種類の鳥が生息します。東アフリカの国々では、国立公園や森林保護区が殆どの鳥の最大の生息地です。 あなたに最適なバード・ウォッチング・ツアーの日程を作成、またツアーにも同行します。

* ハムレット・ムガベ氏関連の文献はこちらをご覧ください。 ‪Hamlet Mugabe‬ - ‪Google Scholar‬


お問い合わせフォーム

こちらのフォームから、お問い合わせ、見積もり依頼をお送りください。
*弊社の自社ブログ(ワードプレス)の問い合わせフォームのサイトにジャンプします。


ソーシャル・メディア

 YouTube
 Facebook
 弊社公式ブログ