車の揺れ対策 後編

アフリカを旅行された方からよく聞くのが、予想以上に陸路での長距離移動が体力的に大変だったという点です。日本の道路と違い、路面の状況が悪く、車が揺れることが理由ですが、国立公園内の未舗装路の道路ではなおさらです。

当地では、悪路での車の揺れをアフリカン・マッサージなどと冗談を言うことがありますが、実際には車の揺れに耐える体幹トレーニングです。いくつか対策を書いてみます。

6.荷物の積み方
殆どの車において、最後列の後ろが荷物用のスペースになっていますが、ここに重たい荷物を置くと、車の揺れを増大させてしまいます。重たい荷物が多く、また座席数に余裕がある場合は、前輪と後輪の間の真ん中付近に重たい荷物を置くと揺れを軽減できます。

7.国内線を利用する
ウガンダでも国内線が増え、多くの国立公園にも毎日定期便が飛んでいます。長距離移動の片道だけでも国内線を利用すると、ツアー全体での疲労の蓄積を減らすことができます。

8.体幹を鍛える
文字通り、体幹を鍛えましょう。旅行の前は仕事が忙しくなりがちですが、なるべく体を動かすようにしましょう。

9.タイヤの空気圧の調整
この点は運転手の業務ですが、車の揺れにとって、タイヤの空気圧の調整も大切な要素です。4輪の空気圧がバラバラだと車が揺れやすくなり、空気圧が高過ぎると車が跳ねやすくなります。車が大きく揺れるや跳ねると感じる場合は、運転手に相談してみてください。

10.安全運転
この点は弊社の業務ですが、急ブレーキ、急ハンドルをしない安全運転の運転手を選ぶことも、車の揺れを減らす大きな要素です。運転手の採用、人選は常々慎重に行なっておりますが、運転に問題がある場合は、弊社までお知らせください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA