グリーンリーフ・ツーリスト・クラブ (Greenleaf Tourist Club)

ウガンダ

ホーム > ウガンダ > 旅情報

旅情報

ウガンダシリング

ウガンダの現地通貨、ウガンダ・シリングには、5万、2万、1万、5千、千シリング札と、500、200、100、50シリングコインがあります。市場や地方の町では、大きなお札で支払うとお釣りがもらえないことがあるので、両替の際に小額紙幣も混ぜてもらうようにしましょう。50シリング以下のコインが入手できないのにもかかわらず、50シリング以下の請求をされることがあります。この場合は、繰上げか四捨五入で支払うことになります。

両替

ウガンダ国内において、外貨での支払いができるのは高級ホテルや旅行会社、一部のお土産屋などに限られますので、外貨を現地通貨に両替する必要があります。空港内の両替所や、カンパラ市内の銀行・両替所にてドル、英国ポンド、ユーロ等の換金ができます。トラベラーズ・チェックも、一部の両替所で換金可能です。

ドルを両替する場合、交換レートが良いのは100ドル札と50ドル札のみで、20ドル以下のお札はレートが低くなります。また、2000年以前の紙幣は両替できないので、2001年以降に発行されたものを準備してください。日本円は一切使えず、両替もできません。

カンパラ以外では、外貨を両替ができないことがあります。カンパラを出発する前に十分な金額を両替しましょう。最後に、ウガンダ・シリングからドルなどの外貨に両替することも可能です。

クレジットカード

クレジット・カードが使えるのは、高級ホテルや弊社を含む旅行社の一部のみです。キャッシングは、バークレー銀行の本店にてATMと窓口で可能です。窓口でのキャッシングは、月曜日から金曜日は朝9時から夕方4時まで、土曜日は朝9時から午後1まで可能、上限は700米ドル、400英ポンド、もしくは140万ウガンダ・シリングです。ATMは常時利用できますが、引き落とせるのはウガンダ・シリングのみで、50万シリングが上限にとっています。

 

トラベラーズチェック

トラベラーズ・チェックで支払いができるところは殆どありません。一部の両替商でウガンダ・シリングへ交換できますが、現金よりもレートが低く、交換時に旅券の写しや購入時の領収書の提示を求められるなど、手続きも煩雑です。

チップ

ウガンダに元々チップの文化はありません。しかし、ウガンダに来る観光客の9割以上は欧米人で、観光地ではチップが習慣になりつつあります。良く頑張ってくれた人、本来の業務以外の仕事をしてくれた人には、小額でチップを渡すのもよいかと思います。

携帯電話

ウガンダはGSM方式の携帯電話を採用しています。プリペイド式のSIMカードが、空港内や街中で容易に購入できます。GSM方式の携帯電話は、30ドルくらいと安く販売されており、また多くの国で利用できるので、海外によく出られる方にはお勧めです。 一部の日本の携帯会社のローミングも利用できますが、ウガンダの番号との通話が国際電話扱いになり、通話料が高くなってしまいます。

インターネット

ウガンダでは、スマートフォンやモデムを使ったSIMカード経由のデータ通信が主流です。基本的に、携帯電話の圏内であれば、どこでも使用できます。多くのホテルでも、インターネット通信を提供しておりますが、使える場所が限定されている、通信速度が極端に遅いなど実用に値しないことが多くあります。確実なデータ通信が必要な方は、日本からレンタルのWiFiルーターを持ち込まれるか、SIMロックのかかっていないスマートフォンを持参し、現地のSIMカードを購入して使用されることを、お勧めします。

言語

ウガンダ人の第一言語はそれぞれの部族語で、第二言語がウガンダの国語である英語です。しかし、英語はあくまでもウガンダ人にとって外国語で、「ウガンダ英語」は英米で話される英語とは少し異質です。発音はアイウエオがはっきりしていて、日本人には聞き取りやすいのが特徴です。ウガンダ人でも英語が苦手な人は、流暢な英語は分からないので、理解してもらえないことがあります。カタカナ英語ではっきり発音すると理解してもらえます。日本語は一切通じません。

停電・断水

最近はかなり減りましたが、ウガンダ各地で停電が起きます。宿泊先で起こるととても不便ですが、これはホテルではなく、ウガンダのインフラ全般の問題です。電気のある内に確実に充電を済ませ、懐中電灯も準備してください。稀にですが、断水も起きます。ホテルの部屋でお水が出ない場合は、受け付けに頼んでバケツに水を汲んできてもらい、行水やトイレを流すのに使います。シャワーからお湯が出ない、水の勢いが弱いこともしばしばです。

洗濯物

旅行中に連泊がない場合、洗濯物に困りますが、ウガンダは内陸にあるため、湿度が低く洗濯物が比較的早く乾きます。下着やTシャツなら、水洗いをして絞った後に、バスタオルに海苔巻きのように丸めて水分を取ってから干せば、大体の場合は一晩で乾きます。森の中にあるホテルは、湿度が高いため乾きにくくなります。

カンパラの治安

ウガンダはアフリカでも最も治安の良い国のひとつと言われています。それでも日本のようには良くありません。カンパラ市内を歩く時は、下記の点に気を付けましょう。
*大きな市場やバス・パークの周辺などスリ等が多い場所があります。行く先の状況を予め運転手にご確認ください。
*荷物はひとつにまとめましょう。携帯電話やカメラを首から下げていると、引ったくりにあう可能性が高くなります。
*日中でもなるべく複数で歩くようにしましょう。夜の一人歩きはとても危険です。
*ネックレスやイヤリング、特に金属のものは狙われやすいので、街中を歩く場合は外しましょう。
*バイク・タクシーは渋滞を抜けるのに便利ですが、交通事故がとても多いのが現状です。なるべく利用を控えましょう。

お土産

アラガキ・チョコレート・・・ウガンダ最高級のオーガニック認定カカオを石臼で丁寧に挽き、すべての工程を手作業で仕上げたウガンダのオリジナルチョコレートです。添加物や植物油を一切加えない、カカオ本来の風味を最大限にお楽しみいただけます。
コーヒー・紅茶・・・年間を通して安定した雨量のあるウガンダ。緑に覆われた土壌は大変肥沃で、ここで生産されるコーヒー・紅茶もまた格別です。スーパーなどでも安く購入できるので、お土産には最適です。
ウガンダ・ワラギ・・・サトウキビを絞って発酵・蒸留させた、ウガンダの伝統的なお酒。ジンの様なすっきりした飲み口とフルーティな香りが特徴です。

マウンテン・ゴリラ・トラッキングに関して

 

 

 

 

国一覧
  • ウガンダエチオピアケニアタンザニアルワンダブルンジ南スーダンコンゴ