ウガンダにて創業18年。東アフリカを中心に、アフリカでの旅を提供します。
個人旅行、商用、取材など様々なご要望にお応え致します。

English

エチオピア

ホーム > エチオピア > ツアー一覧 > ハマー族など5民族、1つの市場に出会う旅 5日間

ハマー族など5民族、1つの市場に出会う旅 5日間/ツアーコード:122

ツアー概要

エチオピア南西部、オモ渓谷周辺に住む複数の民族を訪れるツアーです。アフリカの殆どの国が、植民地化を経て西洋化や近代化を進める中、この地区は外部からの影響が極めて少なく、大部分の人々が衣食住など従来通りの生活様式を保っています。また、それぞれの民族は、異なった文化を有し、その多様性に驚かされます。このツアーでは、ハマー族、コンソ族、ドルセ族など5つの民族を訪れます。

目的地

【カートコンソ】
周辺の民族:コンソ族/丘の上に周辺を石垣で囲んで作られた村は、世界遺産に登録されており、逆さに壺を乗せた茅葺きの家など、独特な建築様式で知られます。
周辺の市場:カート・コンソ/月曜日と木曜日、ウェイタ/土曜日
【ツルミ】
周辺の民族:
ハマー族/女性は赤土とバターを練ったものを髪や肌に塗るのが特徴です。男性は、牛跳びの儀式を経て成人と認められます。
カロ族/天然の塗料で顔や体を美しく飾る文化があり、顔に塗る斑点はホロホロチョウのそれを模したものと言われています。
周辺の市場:ツルミ/月曜日、ディミカ/土曜日
【ハイゾ】
周辺の民族:ドルゼ族/ドルゼは「織り人」の意味で、今でも手織りの繊維業に多くの人が携わります。家は竹製で、高さが12mもあります。
【アディスアベバ】
「新しい花」という意味のアディスアベバ、標高は2,400mと高く、人口は350万人ほどです。博物館、エチオピア正教会の教会、メルカトと呼ばれる市場などの見所があります。

日数

5日間/アディスアベバ空港発着

ツルミ/カロ族
ツルミ/カロ族
ツルミ・ハマー族
日程・スケジュール・宿泊先 食事
1日目:火曜日
<アディスアベバ → 空路1時間 → アルバミンチ → 車1.5時間 → カートコンソ>
【午前】 アディスアベバ空港到着
【午後】 空路にてアルバミンチへ移動、陸路にてコンソへ移動
【宿泊先】カート・コンソ/カンタ・ロッジ
朝:×
昼:×
夜:×
2日目:水曜日
<カートコンソ → 車4時間 → ツルミ>
【午前】 コンソ族の村を訪問
「カンタ」と呼ばれる村を訪問し、村の作りは人々の生活の様子を見学します。
【午後】 ハマー族の村を訪問
茅葺きの屋根や併設される牛舎が特徴のハマーの村を訪れます。
【宿泊先】ツルミ/ツルミ・ロッジ
朝:◯
昼:×
夜:×
3日目:木曜日
<ジンカ⇔片道2時間⇔カロ族の村、→ 車移動3時間 → カート・コンソ>
【午前】 カロ族の村を訪問
オモ川沿い高台にあり、風景の美しいコルチョ村を訪れます。
【午後】 キーアファー市場を見学
多くのベナ族の人たちが、食料品などを販売する青空市場を見学します。
【宿泊先】カート・コンソ/カンタ・ロッジ
朝:◯
昼:×
夜:×
4日目:金曜日
<カート・コンソ → 車1.5時間 → アルバミンチ⇔片道車1時間⇔ハイゾ、 → 空路1時間 → アディスアベバ>
【午前】 ドルゼ族の村を訪問
繊維業が盛んで、竹製の高い家が特徴の村を訪れます。
【午後】 国内線にてアディスアベバへ移動
【宿泊先】アディスアベバ/ジュピター・インターナショナル・ホテル
朝:◯
昼:×
夜:×
5日目:土曜日
<アディスアベバ>
【午前】 アディスアベバ市内観光、アディスアベバ空港へ移動
朝:◯
昼:×
夜:×

***お疲れ様でした***

備考

* 黄熱病の予防接種が必要です。

* 入国にはビザが必要です。

* 村や市場などでの人物の撮影は有料です。また、被写体と毎回の値段交渉が必要です。