グリーンリーフ・ツーリスト・クラブ (Greenleaf Tourist Club)

コンゴ

ホーム > コンゴ > 旅情報

旅情報

コンゴ・フラン

コンゴ民主共和国の現地通貨コンゴ・フランには、20000、10000、5000、1000、500、200、100フラン紙幣と、50、20、10、5、1セント硬貨があります。市場や地方の町では、大きなお札で支払うとお釣りがもらえないことがあるので、両替の際に小額紙幣も混ぜてもらうようにしましょう。

両替

コンゴ民主共和国国内において、外貨での支払いができるのは高級ホテルや旅行会社、一部のお土産屋などに限られますので、外貨を現地通貨に両替する必要があります。空港内の両替所や、キンサシャ市内の銀行・両替所にてドル、英国ポンド、ユーロ等の換金ができます。トラベラーズ・チェックは換金できない場合があります。
ドルを両替する場合、交換レートが良いのは100ドル札と50ドル札のみで、20ドル以下のお札はレートが低くなります。また、2000年以前に発行された紙幣は両替できないので、2001年以降に発行されたものを準備してください。
キンサシャ以外では外貨を両替できないことがあります。キンサシャを出発する前に十分な金額を両替しましょう。最後に、コンゴ・フランからドルなどの外貨に両替することも可能です。

クレジットカード

クレジット・カードが使えるのは、高級ホテルや 一部の旅行会社のみです。

 

チップ

コンゴ民主共和国に元々チップの文化はありません。しかし、コンゴ民主共和国に来る観光客の9割以上は欧米人で、観光地ではチップが習慣になりつつあります。良く頑張ってくれた人、本来の業務以外の仕事をしてくれた人には、小額でチップを渡すのもよいかと思います。

携帯電話

コンゴ民主共和国はGSM方式の携帯電話を採用しています。プリペイド式のSIMカードが、空港内や街中で容易に購入できます。GSM方式の携帯電話は、30ドルくらいと安く販売されており、また多くの国で利用できるので、海外によく出られる方にはお勧めです。 一部の日本の携帯会社のローミングも利用できますが、コンゴ民主共和国の番号との通話が国際電話扱いになり、通話料が高くなってしまいます。

インターネット

コンゴ民主共和国では、SIMカードを挿したモデム(USB接続)を使ってのデータ通信が主流です。基本的に携帯電話の圏内であれば、どこでも使用可能です。また、SIMロックの掛かっていないスマートフォンに、コンゴ民主共和国のSIMカードを挿して、データ通信をすることも可能です。インターネット通信の提供を約束するホテルも多くありますが、つながらない、通信速度が極めて遅いなど、ほとんど利用できないというのが現状です。

言語

コンゴ民主共和国の第一言語はそれぞれの部族語で、第二言語がコンゴ民主共和国の国語であるフランス語です。キンサシャの首都において、英語を話せる人は年々増えているものの、地方においてはほとんど通じないのが現状です。日本語は一切通じません。

停電・断水

コンゴ民主共和国では停電がときおり起きます。宿泊先で起きるととても不便ですが、これはホテルではなく、コンゴ民主共和国のインフラ全般の問題です。電気のある内に確実に充電を済ませ、懐中電灯も準備してください。稀にですが、断水も起きます。ホテルの部屋でお水が出ない場合は、受け付けに頼んでバケツに水を汲んできてもらい、行水やトイレを流すのに使います。シャワーからお湯が出ない、水の勢いが弱いこともしばしばです。

キンシャサの治安

首都キンシャサでは、内戦後に戦争孤児となったストリート・チルドレンによるひったくりやスリ、不良暴力集団による殺人、強盗、恐喝事件が多発しています。キンサシャ市内を歩く時は、下記の点に気を付けましょう。
*大きな市場やバス・パークの周辺など、不特定多数の人間が多く集まる場所では昼夜問わずスリが多発します。行く先の状況を予め運転手にご確認ください。
*荷物はひとつにまとめ、体から離さないようにしましょう。携帯電話やカメラを首から下げていると、ひったくりにあう可能性が高くなります。
*なるべく徒歩での移動は避け、日中、夜間共に車両を利用することをお勧めします。
*ネックレスやイヤリング、特に金属のものは狙われやすいので、街中を歩く場合は外しましょう。

お土産

木彫りの面・・・コンゴ民主共和国では、大小さまざまな木彫りのお面が売られています。国外から買い付けに来る人がいるほど、質が良く精巧です。